冬の


君に出会ったのは、太陽がギラギラ照りつける、真夏の午後の事だった。
僕はもう、暑くて、暑くて、死んでしまうんじゃないかと思ってたんだ。
毎日、毎日、のどがカラカラでさ。

そんな時に君が現れたんだ。

君は僕の目の前にしゃがみこんで、突然泣き始めた。
君があんまりわんわん泣くから、君の涙で僕は潤った。
君のおかげで僕は助かったんだよ。

その日から君は僕の『特別』になった。

この道は君と同じ制服の子がいっぱい通るから、僕は最初君を見つけるのが大変だった。

だけどあの日僕は風にお願いをしたんだよ。
頼みもしないのに、いつも僕の頭をひゅうひゅう撫でていく、いけ好かない奴なんだけどさ。
僕は頭を下げて頼んだよ。
あの子の声を届けてくれ。
あの子の匂いを運んでくれってね。

だから僕は君のこと、だんだん分かってきたよ。

あの日君が泣いてたワケも、なんとなく分かったよ。

どうせアイツとケンカでもしたんだろう。
君はアイツとケンカをすると、よく帰り道、小石を蹴るよね。
それがさ、僕に当たって痛いんだ。
だけど君は知らん顔で、僕をちらりと見ただけで行っちゃうんだ。そりゃないよな。

けれどもアイツと並んで歩く時の君ときたら、そりゃあ良い笑顔しちゃってさ。やってられないよ。

それでも僕は君が好きで。
君の涙に助けられた僕だけどさ。君の笑顔が好きなんだ。
おかしな話だろ。


ずいぶん太陽が遠くなって、過ごし易くなったある日のことだ。
君とアイツは僕の目の前でケンカをしたね。
君はあの時みたいにわんわん泣いた。

僕はアイツに言ってやったよ。
『なあおいお前、お前の事だよ。
 泣かすなよ。
 困った顔してオロオロしたって遅いだろ。』

『そうだおい、お前。
 オレを使えよ。
 きっと彼女を笑わせて見せるよ。
 オレは今が見ごろなんだぜ?』

だけどアイツはちっともこっちに気づきやしない。

ちょうど通りかかった白猫に頼んで、ひと声鳴いてもらった。
「みゃあ」
いい声で鳴くな、アンタ。
アイツはやっとこっちを向いて白猫をみて、それからようやく僕に気づいた。

『よし、ほら遠慮すんな。
 オレを摘めよ。』

アイツは全くためらいもせずに、僕をぶちっと摘んだんだ。
そりゃあ痛かったさ。瀕死の重症だ。
だけどそれでも良かったんだ。
だって僕には自信があった。
きっと彼女を笑わせてあげられるって、自信がね。

ところが君は怒ったんだ。
「何てことするの」って怒鳴ったんだ。

そりゃあ無いだろ。あんまりだ。
僕は今にも枯れてしまうよ。


君は僕をひったくって走って家に帰った。
僕は小さなマグカップに入れられて、君の泣き顔をしょんぼり見上げたよ。

そうしたらさ。
君は笑ったんだ。

嬉しそうに。
「ふふふ」って。

僕はこの時思ったよ。

ああ僕は生きていて良かった。
僕があの場所に生まれて良かった。
僕はもうすぐ枯れてしまうだろうけど、僕の生涯は無駄じゃなかった、ってね。

でもさ、本当は気づいてるよ。
君は僕の事なんかちっとも見てない。
僕の向こう側にいる、アイツを見てるだけだってさ。

ねえ、それでも、少しだけ。
少しだけ夢を見たっていいだろう?
僕が君を笑わせたんだって、誇りに思ってもいいだろう?

僕はもうすぐ枯れてしまうけど。
君はすぐに僕を忘れてしまうだろうけど。
君が電話で話してる声が弾んでるようだから、それだけで幸せなんだ。


君は今日も楽しそうに部屋を出て行く。
僕をちらりと見て、嬉しそうに「ふふふ」と笑う。
僕があの日君に助けられて本当に良かった。

ねえ僕は今日にも枯れるよ。
僕のこと忘れていいからなるべく笑顔でいてほしい。


それじゃあね。
君の事本当に好きだったよ。
ばいばい。



――あれ?
…ねえ、そういえばさ。
あの時君が怒ったのって、もしかして僕の事、少しだけ想ってくれたからなのかな…?




おわり



もどる

広告