クリスマス3



結局、そのままファミレスを出て、電車を乗り継いで、あたし達は家の近所まで戻ってきた。

気まずい沈黙が続いていた。

だって、そんな風に、考えたことなんて無かったから……。



「朔美、コレ」

「え」

コウちゃんはそういって、かばんからリボンのついた包みを取り出した。

「プレゼント。受け取ってよ。捨てるのも勿体無いし……。本当はさ、さっき渡したかったんだけどな。……嫌なら、いいんだ」

あたしは、差し出されたプレゼントを受け取った。

「あ、りがと……」

「うん」

「……」

「……」

また、沈黙。

家はもうすぐそこなのに、だけどふたりとも動けなくって、あたし達は立ち尽くした。



「オレさ」

コウちゃんが沈黙を破る。

「もう、近所じゃなくなるんだ」

「え?」

「引っ越すんだよ。まぁ、高校は変わらないし、そんなに遠くへ行くワケじゃないんだけど……朔美は学校違うし、今までみたいには、会えなく、なる……かな」

あたしたちが会うのは、いつも、偶然だ。

帰り道、とか。

近くのコンビニ、とか。

朝、学校行くとき、とか。

偶然。

偶然……?



「ほんとに?」

「うん」



アレは、偶然だったのかな。

おはよう、とか、お帰り、とか。

ほとんど毎日みたいに。学校も違うのに。

偶然だったのかな。



……なくなっちゃうのかな。そういうの。



「ほんとに?」

なんでだろう。木枯らしが吹いたみたい。

物凄く、寂しくなった。

急に、すごく寂しくなった。

「朔美?」

寂しいよ。

そんなの。



「やだよ」

「朔美……」

「やだぁ……」

気づいたら、涙が出ていた。

こどもみたい。

子供みたいに、バカなワガママで、あたしは泣き出した。



コウちゃんは優しくあたしの頭を叩いた。

それから、ポンポンって、背中を撫でて。

「コウちゃん、あたし、会いたいよ」

「うん」

「毎日、会いたい。コウちゃんと」

「うん」

「……」

こういう気持ちって、こういうのって。

「朔美。もう一回言っていいかな」

「……?」

「オレと付き合って」



……。

…………。考えたことなんて無かったけど。

だけどあたしはどうやら。

好きみたいで。

この幼馴染の事。思ってたよりずっと、好きみたいで。



だから、うなずいた。



「……うん」



コウちゃんは嬉しそうにあたしを抱きしめた。

大きな身体はあったかくって、ドキドキした。





***



「ねぇ、これ、開けていい?」

「うん」

さっそく貰ったプレゼントを、あたしは開けた。

赤いマフラー。

「わぁ……」

首に巻いてた黒いマフラーを外して、あたしはそれを巻いてみた。

「似合うかな」

「似合うよ」

「へへ。……でも、あたし、何にも用意してないよ」

そう。だって、今年も、いつものクリスマスだと思ってたから。



コウちゃんはニッと笑って、あたしの手の黒いマフラーを奪った。

「じゃ、これ。頂戴?」

「えっ、ダメ!!」

慌ててあたしはマフラーを奪い返そうと掴んだ。

「なんでー、ケチ」

「だって、もう、古いもん、それ」

「良いよ」

「ダメ!!!」

「……ケチ」

つまらなそうに言って、コウちゃんは口を尖らせた。

「じゃ、じゃあ、また今度、改めて何か買ってくるから、ね」

コウちゃんはマフラーの端を掴んだまま、離さない。そのまま、ちら、とあたしをみた。

「しょーがねーなぁ…。じゃあ」

「えっ」

急にぐいっとマフラーを引っ張られた。

当然、掴んでたあたしはコウちゃんの方によろめく。

よろめいて、また、抱きしめられた。



こうちゃんの手が、あたしのあごに触れた。

そのままくい、と上向かせられて。

「コ、コウちゃん……っ!?」

コウちゃんの顔が、酷く近い位置にあった。

ばく、ばく、ばく。

心臓が物凄く騒いだ。

「えっ、ちょ……」

こ、ココロの準備が……っ

「……しっ」

目を細めて言われて、そのままあたしは硬直した。



唇が、重なった。

ほんの、一瞬だったけど。

冷たい空気の中で、そこだけ、とても、暖かかった。





唇が離れても、まだあたしはぼーっとしてた。

コウちゃんは赤い顔で、だけどイタズラっぽくニッと笑った。

「……いいもん、貰った。さんきゅーな」

「え、いいもんって、え……?」

「クリスマスプレゼント」

「え……」



キス……?



コウちゃんは嬉しそうに笑って、あたしの頭をぽんぽん、って叩いた。

「帰ろうぜ、冷えるから」

「う、うん」



今年のクリスマスは、いつもとちょっと、違ってた。


もどる

広告