結 二.


 後宮で改めて目にする東宮は、七条の屋敷に居たときとは違い、どこか凛とした威厳のようなものを纏っていて……神々しいとすら、千夜子は思った。
 飽きるほど抱きしめられて、好きだと囁かれていたというのに……どうしてか、今この場になって、ひどく緊張してしまう。

「東宮……」

 深紫の袍を纏った東宮は、機嫌よさそうに千夜子に近づくと、手を伸ばして千夜子の頬に触れた。

「……待ち侘びた」

 ぐい、と手をひかれて抱き寄せられる。
 東宮の焚き染めた香が薫って、反射的に千夜子の胸は高鳴った。
 感じる鼓動すら幸せに感じていると、やがて東宮は少し身体を離し、視線を落とした。

「……ここに、俺の子が居るんだよな……」

 そう言って、千夜子の腹に手をあてる。

「ええ。私も、何だかまだ信じられないけど……」

「まぁ、嬉しいが……」

「?」

 東宮はふっと顔を近づけると唇を軽く付けて、離した。

「抱きたいなぁ……」

 そう言って、千夜子の肩にあごを乗せる。

「!」

 後宮で結ばれたあの日以来、東宮は千夜子を抱くという事は無かった。腹に子が居るから、遠慮しているのだろう。七条の屋敷に居ても、東宮は千夜子をただ抱きしめるだけで、抱くことは無かったのだ。

「と、東宮……」

 千夜子は頬を染めて東宮を見る。

「……駄目なのか……? よく分からんが。……今度侍医に聞いてみる」

「えっ、き、聞くって……嫌だ、は、恥ずかしいじゃない」

「聞く」

「……っ」

「……こんな事なら、お前が後宮に居た頃に、もっと抱いておけば良かったな」

 千夜子は恥ずかしさで何も言えず、うつむいてしまった。

「お前だって『好きなだけ抱けばいい』って言ってたしな」

「えっ! そ、それはっ。こ……言葉のあやっていうか……」

 東宮は不満そうに眉をひそめた。

「ああくそ、失敗した……やっぱり昼のうちに聞いておけば良かった。……今から行って聞いてくるか」

「えっ!? ち、ちょっと止めてよ、東宮っ」

 東宮が本当に立ち上がろうとしているので、千夜子は慌ててその袖を引いて止めた。

「……まぁ、今日のところは止めておくか。……なんか我慢してばっかりだ、俺……」

「……ご、ごめんなさい」

「……ほんと、お前には調子狂わされてばかりなんだからな」

 東宮は恨みがましい視線を送ってくる。

「で、でも……。こうしてここに来れただけでも、奇跡みたいな事だし……。と、東宮は、嬉しくはないの?」

「そりゃ嬉しいに決まってるだろ」

 そう言うと、東宮は千夜子の頬を両手で挟むようにした。

「お前はどうなんだよ」

「そ、それは……嬉しいわ」

「本当かな……」

 東宮は憮然とした表情で千夜子を見た。

「大体俺は、お前から好きだって言われてないぞ」

「えっ、う、嘘……。言ったわよ、たぶん……」

「いいや、言ってない。それにお前は俺から逃げてばかりだったからな。信用できない」

「そんな……っ」

「言えよ」

「え?」

「好きだって言え」

 面と向かって……じっと目を見つめられて、そんな言葉を口に出すのは、ひどくためらわれる。

「東宮……」

 困っているのに、東宮はちっとも許してくれる気はないらしい。両手で頬を押さえたまま、じっと千夜子を見据えている。しぶしぶ、千夜子は口を開いた。

「……き」

「聞こえない」

 諦めて千夜子は東宮の目を見つめ、はっきりと言った。

「好きです」

 すると、東宮はぱっと子供のように嬉しそうな笑顔を浮かべた。

「ははっ」

 声を立てて笑って、ばっと千夜子を抱きしめると、その頬に口付けた。

「幸せにする」

「……」

「大事にする……」

 耳元で囁かれる甘やかな言葉に、千夜子は幸せの、涙を零した。

「……よろしくお願いします……」



 こうして二人は晴れて結ばれ、末永く幸せに暮らしたとか――。



<もどる|もくじ|

ここまでお読みくださり、ありがとうございました!



広告