クリスマス2



どこを見ても、カップル・カップル・カップル……

カップルだらけの街中を、私は幼馴染と歩いている。

やっぱり来なきゃ良かった。

目に毒だよ、この街は。今日は。



「あの歩道橋、登ると良いスポットらしいぜ」

良い、ってどう?

コウちゃんは長い足でスタスタ行ってしまう。

――もう!

あたしは決して背が高い方じゃなくて、むしろちっちゃいから、追いつくのも大変。

小走りで付いていってたら、コウちゃんは突然はっとして振り向いた。

頭かいて、急に、ゆっくり歩き出した。

……。

あれ? あたしに、合わせてる?

長い足で、歩幅を小さく、ゆっくり、ゆっくり。

あたしには丁度いいんだけど。

思いがけない気遣いに驚いた。



ゆっくりゆっくり、登った歩道橋からは、通りがキラキラキラキラ、物凄くキレイに見えた。

「うわ……」

知ってたんだけど。ここのイルミネーションが有名なのは。

知ってたんだけど。

カップルの頭の隙間から見えるきらめき。柄にも無くときめいてしまう。

耳タコのジングルベルまで、なんだかいい感じに聞こえてくるから現金なもんだ。



「ほら」

「えっ!?」

コウちゃんは、あたしの後ろに立って、ふっとかがんだと思ったらあたしの腰の辺りに両腕を回して、持ち上げた。

「この方が見えるだろ?」

急に高くなる視界。

見えるけど。見えるんだけど……っ

――どく、どく――

心臓が騒いで、急に顔が熱くなった。

周りのカップルは全然あたし達なんか目に入ってなくて、それぞれ勝手にいちゃついてて、だけど、だけど……

「ね、ねぇ、降ろして」

「ん、もういいの?」

コウちゃんはなんでもない事みたいに言って、あっさり降ろしてくれた。

早くなった心臓はまだ治まらない。

どく、どく、どく。。



「じゃ、次。メシにしようぜ。腹減ってんだろ」

コウちゃんは笑って、またゆっくり歩き出した。

ゆっくり歩いて、ファミレスへ向かう。



これって、なんだろう……。

デート、だよなぁ……

どうかんがえても。

コウちゃん……?



あたしが首捻って見上げたら、コウちゃんは機嫌よさそうな笑顔を向けて来た。

「ん? 何? 肉まんの方がいい?」

「え、いいよ、さっき食べたとこだもん」

「ふーん、朔美って肉まんで出来てんのかと思ってたけど」

「あ、阿呆か!」

「ははっ」



そんな風にして、辿り着いたファミレスで、クリスマスらしく?デザートにケーキまで食べたところで。急に、コウちゃんは真顔になった。

「朔美、今日ありがとな」

「え? 何、急に」

「うん。クリスマスなのに、つき合わせて」

「いいよ、別に。彼氏がいるワケでもないし」

「うん……。それなんだけどさ」

「うん?」

「つくらない?」

「は?」



「オレ。……どう?」



「…………は?」



思いっきりマヌケな顔してしまった、あたし。

口、パクパクさせて。何か言いたいんだけど、言葉なんか出なくって。

だって。

びっくりし過ぎて。



「ダメ?」



だって、びっくりし過ぎて……。



「朔美には、急かもしれないけどさ。オレは急じゃないんだ。オレは、ずっと好きだった」



びっくりし過ぎて、あたしは返事が出来なかった。

コウちゃんはしばらく待ってくれたんだけど……。



「朔美……?」

不安げに、コウちゃんがあたしを見る。

「……」

あたしは返事が、出来なかった。


次>

広告