後宮 四.


 東宮の元まで行くと、東宮はこちらを見上げて、じっと問うような視線を向けていた。

「おい、開いたじゃないか、妻戸」

「……え、ああ、はい」

「押し入るなら、今だろ」

「そんな事……。俺は、……振られたんです……」

 押し入るなどと乱暴な事、考えも及ばなかった。

「そうか。……じゃあ、もう諦めたんだな」

「はい。……勝負は、兵部卿の宮の……」

 勝ちです、と言いかけたとき、突然東宮は茂みから飛び出した。

(……っ!?)

 そのまま東宮は姫の居る部屋の前の簀子縁に登り、まだ平伏していた姫の手を引いて立ち上がらせた。

「きゃあっ!?」

「な……なにをなさる……っ!?」

 突然の東宮の行動に、思考がついていかない。慌てて駆け寄るが、東宮は中将など目にも入っていないようだった。

「お前、気に入ったぞ」

 余りの事に青ざめて震えている姫君を正面から見据え、東宮は言い放った。

「兵部卿の宮にはもったいない、連れて帰る事にする」

「な、な……っ」

 東宮はあっという間に姫を抱きかかえると、簀子縁を降りて庭先に停めた馬に向かう。

 何事か、と起き出して来た家人が、怪しんで東宮を止めようとしたが、相手は、東宮なのだ。

「お、お前達、手を出すんじゃないっ」

 中将は慌てて叫んだ。
 この屋敷の家人は皆、左近の中将の顔は見知っている。中将の指示には皆素直に従った。

「東宮っ!? どういう事ですっ!?」

「聞こえなかったか、気に入ったから連れて帰ると言ったんだ」

「そんなっ、強引が過ぎますっ」

「うるさい」

 東宮は姫を無理やりに馬に乗せようとした。

「い、嫌……っ、誰なの……っ!? 中将様、助けて……っ」

「中将、手伝え!」

 姫の悲痛な叫びと、東宮の命令する、声。
 中将には手も足も出せず、ただ成り行きを見守る事しか出来なかった。
 しかし東宮にも暴れる姫を馬に乗せるのは相当な難儀で、上手く行きそうに無い。苛立った東宮はついに叫んだ。

「中将っ!」

 東宮の目は笑ってはいない。据わった瞳で、命令を下した。

「俺に逆らうな。……手伝うんだ」


<もどる|もくじ|すすむ>



広告