後宮 八.


 おずおずと御簾のうちに入っていくと、目が合った東宮はすっと目を細め……ひどく、意地の悪い笑みを浮かべた。

「よう。ひどい顔だな七条」

「……っ」

 確かに昨日は泣きすぎたせいで、まぶたが重い。きっと腫れてひどい顔をしているのだろうが、誰が泣かせたと思っているのだろう。

(東宮のせいじゃない……っ)

 千夜子はぐっと唇を噛んだ。

「さ、七条殿、東宮に直衣をお着せ申し上げるのを手伝って下さいな」

 周防はそう言って東宮の前に立った。

「え、あの、直衣ですか……?」

 千夜子は公達の着る直衣になど、触れたこともない。

「……あら……。では、今日のところは見ておいでなさい。……少外記殿」

「はい」

 少外記は東宮の後ろに回りこみ、二人はてきぱきと衣を合わせたり紐を結んだりして、東宮の身に直衣を着せていった。

(こんなの無理だ……)

 公達に衣服を着せるところなど初めて目にしたが、千夜子にはとても真似できそうに無い。ただ呆然と見ていると、東宮はまた意地の悪い笑みを浮かべていた。

「いい、七条は。やっぱり着替えは無しだ。運ばせるだけでいい」

「まぁ、東宮。そういう訳にはいきませんわ。こちらにお仕えするのであれば、これくらいは……」

「いいんだよ。こいつには何にもさせなくていい」

「ま」

 周防は不審げに目を細めて千夜子をちらりと一瞥した。

 それはそうだろう。身元も何もかも不明なまま、突然東宮が連れてきた女だ。その上、何もしなくて良いなどと、怪しまれて当然である。
 少外記も、周防ほど露骨ではないが、やはり訝しげな顔をしていた。

(……帰りたい……)

 ここは千夜子が居るべき場所では無い。身の置き所も無くうつむいていると、やがて着替えを済ませた東宮は、朝餉を取るようだった。

「お前達、みんな下がってくれ。……七条だけ残れ」

「!」

 周防らは皆また怪訝な表情をしたが、一礼すると下がっていった。

 二人きりになると、否応無く昨夜の事が思い返される。

(嫌だ……。帰りたい……)

「こっち来いよ」

 手の平が汗ばんで、めまいがしてくる。

「……食うか?」

「は?」

 東宮は朝餉の膳から青菜を箸でつまみ、千夜子の方に向けていた。

「もう朝餉は済ませたのか?」

「……い、いえ……」

「じゃあ、ほら。そこへ座れよ。……大体いつも量が多すぎるんだ。お前も食え」

「……」

 一体、東宮は何がしたいのだろう。呆然と立ち尽くしていると、いらだったのか東宮は声を荒げた。

「来いって」

 逆らうわけにもいかず、千夜子は膳をはさんで東宮の前に座る。すると目の前に箸でつまんだ青菜を差し出された。

「え……?」

「口、開けよ」

「は、はぁ……っ? ちょ……っ、まさか東宮に食べさせて頂く訳にはまいりま……んっぐ」

 言いかけたところに無理やり押し込まれた。

(……なんなの……っ!?)

 思わずむせそうになったが、なんとか噛んで飲み込む。

「旨いだろ?」

 東宮は満足そうにそう言うと、次のおかずに箸をつける。

「と、東宮……。どうして私を、連れて来たんですか……?」

「……気が向いたから」

 東宮には全く悪びれる様子も無い。

「そ、そんな……私、宮仕えなんて、とても出来ません……っ。家に帰してください……っ」

「別にいいんだよ、何にもしなくて。言ったろ? ただ衣を運ぶ程度でいいんだ」

「で、でも……っ」

「うるさいな、言っとくがお前に拒否する権利は無いんだぞ」

「……っ」

 なんて横暴なのだろう。いくら東宮だとはいえ、ただの気まぐれで人をこんな目に合わす事が許されるのだろうか。

「でも、……家には、病がちの母が居るんです。私が居なくては、母上はどうなってしまう事か……」

「……」

 東宮はぴくりと眉をあげ、千夜子を見やった。

「それは何とかしてやる……。表立ってはできないが、そうだな、誰か……ああ、兵部卿の宮にでも頼んでおくか」

 兵部卿の宮。……そうだ、千夜子は昨日、兵部卿の宮に恋文の返事をしたところだったのだ。突然姿を消したりして、一体どう思われることか……。
 しかし今はそれよりも。

「東宮。……私達、いままでずっと母子二人で暮らして来たんです。 こんな……別れの挨拶も何も無く、突然離れ離れに暮らすなんて、出来ません……っ」

「諦めろ」

 ごくあっさりと、短くこたえた東宮に、返す言葉も見つからない。

「……ひどい」

「……」

 東宮は無言のまま、箸でつまんだ小魚を目の前に突き出した。

「食えよ」

「……っ!」

 千夜子はふいっと顔を背け、立ち上がった。

(何て自分勝手なんだろう……! 東宮だったら何もかも許されるっていうわけ……!?)

 千夜子は恐ろしさよりも何よりも、今は怒りが込み上げて止まらなかった。

「……私、東宮の思い通りにはなりません」

 声が震える。込み上げるのは、恐ろしさと怒りとが混ざり合った、複雑な思いだった。

「なんだと」

 本来なら、こんな事は絶対に許されない。東宮とは日の本の皇子。東宮に逆らうことは帝に逆らうことであり、それは国に背くという事だ。
 何より身分を重んじる母に教え込まれた、それは世のことわりである。

 しかし千夜子はこの時、決意した。

「私の事をもてあそびたいなら好きにすればいい……っ、それでも絶対に私は、東宮の事を尊敬しない、軽蔑します……っ!」

「お前」

 がたんっ。
 叩きつけるように箸が置かれ、東宮が立ち上がった。


<もどる|もくじ|すすむ>



広告