秋の夕べのあやしきに 一.


 千夜子は狭い塗篭の隅にうずくまって膝を抱えていた。
 昼間は、怖くて部屋の中央には居られなかった。明り取りの窓から、いつ物を投げ入れられるか分からないからだ。
 それに……それまで、中立の立場で居てくれた女房や、まだ親切にしてくれていた女房達が急によそよそしくなり、千夜子の様子を見に来てくれることも無くなったのは、いつだったか。それはある時期を境に顕著に現われた。

 何故なのだろうと考えていたある日の朝、その理由が判明した。
 その日、髪を梳きに来た女房は、乱暴に千夜子の髪をひっぱり、鋏(はさみ)を持ち出した。

「本当に、お美しい御髪(おぐし)ですこと。これを切ってしまえば、東宮の寵もなくなるのかしら」

 ぞっとする想いで構えられた鋏を見上げる。
 鋏は千夜子の髪に差し入れられて、するりと数本の髪が床に落ちた。
 もう一人の女房がくすくすと笑いながら、それを諌める。

「お止しなさいな。そんな事をしなくても……ねぇ」

「そうですわね。じきに、右大臣家の姫君が入内されるのですもの。そうなれば、貴女の居場所など何処にもなくってよ」

 二人の女房は笑いながら塗篭を出て行った。

(右大臣家の姫……? ああ……、そういう、こと)

 大臣家の姫が東宮の元に入内するのは、しごく全うな話だ。
 右大臣家の姫君が入内となれば、当然、千夜子の存在は邪魔になる。他に東宮の妃はいないのだから、梨壺の女房らはこぞって姫君におもねり、寵を得ようとするだろう。その時にもし千夜子と懇意にしていては、障りがある……という訳だ。

(別に私と東宮は……そんなんじゃないのに)

 未だ、東宮が千夜子を抱くような事は無かった。だからそれは女房らの誤解に過ぎないのだが、こうして東宮に囲われて……夜毎、東宮が訪れているという事実は、事実。いくら何も無いなどと言ったところで、信じるほうがおかしい。

 千夜子は昼でも薄暗い塗篭の隅にうずくまって、一人、震えた。

(早く……早く、右大臣家の姫様が入内されたらいいのに。そうしたら、私はここから出してもらえる……?)

 昼間が、怖い。
 それはとても不本意なことではあるけれど、千夜子が唯一安らいで居られるのは、東宮が訪れる、夜だけだった。


 その晩も、東宮は千夜子と碁を打ちにやって来ていた。

「なぁお前……顔色悪くないか?」

「そう……ですか?」

 じっさい、千夜子は憔悴していた。

「なんだよ、その手は」

「あ……」

 ほとんど上の空で打った白い石は、千夜子の負けを決定づけるものだった。東宮は千夜子の手を握って引き寄せるようにし、顔色を伺った。

「……大丈夫か?」

「……」

 千夜子は答えられず、ただ、うつむく。

「……帰りたい……」

 ぽつりと漏らすと、東宮はぱっと千夜子の手を離した。

「またそれかよ!? お前、いい加減に諦めろよなっ。……なんだよ、この場所が嫌なら変えてやるよっ! 何が不満だ!?」

「右大臣様の姫君が入内されるんでしょう……? もう私は、必要ないはずです……。ここから出して、帰してください……っ」

「入内だと……!? そんなもんは断ってる! 右大臣の姫ったって、まだ十二のガキだぞ!? 俺はそんな子供の相手なんかする気はないっ。……大体っ」

 東宮は乱暴に碁盤を脇へどけると、ずいと千夜子の方に膝を進めた。

「俺は誰が入内しようがお前を帰す気は無いっ」

「……っ」

 喉の奥に熱いものが込み上げる。と、思うまもなく瞳までせり上がってぼろりと落ちた。一度落ちると、それは後から後からぼろぼろと落ちて止まらない。千夜子は顔を覆って嗚咽した。
 ……絶望に、飲まれてしまう。

「な、なんだよ……っ」

 困惑した声が聞こえるが、千夜子にはどうする事も出来なかった。

「……おい、七条……」

 背を撫でる感触がして……しばらくすると、千夜子はぐいとその場に押し倒された。驚いているうちに、ばさ、と上掛けの衾が掛けられる。

「もう……寝ろっ」

 東宮は千夜子の枕辺のあたりに座り込むと、じっと千夜子を見下ろしていた。

「東宮……?」

「いいから、寝ろよ」

 言いながら東宮は千夜子の髪を撫でるようにして整え、髪箱(寝るときに髪をしまう箱)へ納めてくれた。
 そのままじっと千夜子を見下ろしている。

「……東宮……、あの」

「なんだよ」

「……も、戻らないんですか……」

「そのうち戻る。いいからお前は、寝ろよ」

「……」

 じっと見られているのは決まりが悪く、とても眠ることなどできない。東宮の意外な行動に驚き、千夜子の涙は止まっていた。

「ほら……眼、閉じろ」

 優しげな手が千夜子のまぶたを降ろすように撫でてゆき、千夜子は眼を閉じた。それでもしばらくは気が気でなかったのが……眼を閉じているうちに、いつのまにか眠りに落ちていた……。


<もどる|もくじ|すすむ>



広告