秋の夕べのあやしきに 四.


 まぶたの裏が濃い橙に染まっている。何かの爆ぜる音、熱、焦げた臭い……。
 千夜子は煙にむせ返って目を覚ました。

「……何?」

 鼻と口とを袖で覆い、身を起こす。

「……っ」

 目の前に、炎の簾があった。それは塗篭の妻戸を覆うように立ち登り、もうもうと煙を上げている。暗かったはずの塗篭は炎に照らされて真っ赤に染まっていた。

 呆然と、した。

(どうして)

 考える間もなく立ち上がり、なんとかそれを消そうと茵を取り上げて叩いてみる。当てた部分の炎は一瞬消えるが、すぐにまた勢いを吹き返して燃え盛る。

(熱……っ)

 額の傷がずきずきと痛みを訴える。煙は目に染みてボロボロと涙が落ち、激しく咳き込んで、とうとう千夜子は崩れ落ちた。

(消さなきゃ……死んじゃう……っ)

 そう思うのに足が立たない。座り込んだまま、千夜子は炎に向けて茵を振り回した。妻戸は錠がかけられている上に完全に炎が覆っている。
 視界がぼやけ、意識も朦朧としてきた。
 妻戸の向こう側で女房らの悲鳴が聞こえている。
 千夜子は煙が喉に貼り付いて、悲鳴すら上げられない。

(ここで、死ぬの……!?)

 ずるずると後ずさりして目の前の炎を見上げたとき。突然炎の簾がはげしい音を立てて、割れた。

「七条……っ」

 かすむ目に映る、深紫の袍。

 千夜子の声は音にもならず、それでも必死に叫んだ。

(……東宮……っ)

 伸ばされた腕に縋るようにしがみつくと、ぎゅうと抱きしめられて、全身の力が抜ける。
 すぐに侍達が雪崩れ込むように塗篭に入ってきた。戸板や几帳を踏み倒して水を撒き、あたりには煙と煤けた臭いが立ち込める。

(……助かった……の……?)

 まだ、震えが止まらない。

「無事か……?」

 少し身体を離した東宮は、千夜子の顔や腕や髪を確かめると、「ああ」と声を漏らした。
 千夜子の顔に袖をあて、すすけた顔をぬぐってくれる。
 部屋へ飛び込んでくるときに水を被ったのか、東宮の袖も髪もずぶ濡れに濡れていた。

「無事か……、良かった」

 そう言ってもう一度抱きしめられた。

(東宮は)

 声を出そうとしたが、それはほとんど吐息のような空気が漏れただけだった。それでも東宮は聞き取ったのか「大丈夫」と答えて千夜子の顔を見る。東宮の顔もひどくすすけて汚れていた。

「行こう、七条」

 しかし立ち上がろうとした東宮は、一瞬顔をゆがめて膝を折った。

(え……っ)

 足が。東宮の指貫(さしぬき:下穿き)の左側半分は、焼け焦げてなくなっている。左足の先は暗くて見えない……けれど。

(足を……!?)

「妻戸を蹴破ったから……ちょっと火傷したみたいだな。大丈夫、大した事はない」

 東宮は顔をしかめたまま何とか立ち上がり、千夜子の手を引いて立ち上がらせた。

「行くぞ」

 そう言って、ひょこひょこと片足を引きずるようにして歩いていく。千夜子は慌てて東宮を支えるように肩を貸した。塗篭の外に出ると、集まっていた女房達が左右に除けて道を作った。

「東宮、そのおみ足は……っ」

 悲鳴のような声を上げたのは周防だ。

「……俺の寝所に、薬師を呼んでくれ。それ以外は、誰も来るな」

 ひやりとした夜気が頬を撫でる。塗篭を出たのは、もう何日ぶりの事だろう。
 千夜子は東宮に肩を貸し、導かれるまま、東宮の寝所へ向かった。


<もどる|もくじ|すすむ>



広告