秋の夕べのあやしきに 七.


 ほとんど日も沈みかけた、夕刻。
 戻ってきた東宮は千夜子の姿をみとめて、目を見開いた。

「お前……逃げなかったのか……?」

「……東宮は」

 千夜子は寝台から立ち上がり、東宮の前に立った。

「私を帰す気は無いと、言っていたじゃないですか……」

「……だけど」

 東宮の手は震えていた。震えた手を、千夜子の両の肩に置く。

「俺にはお前を、守り、切れない……。だから」

「だから……?」

 千夜子は東宮を真っ直ぐに見上げる。

「退出を、許してくださるんですか……?」

「……っ」

 東宮はぐいと千夜子を引き寄せると、強い力で抱きしめた。

「……許す」

 許すといいながら、東宮の腕はますます強く千夜子を抱く。そのままぐいぐいと押されて、気づけば寝台の脇に居た。

「許すけど……。今は、駄目だ」

 東宮の顔が目の前に迫る。

「……あ」

 呟いた唇は、東宮のそれで塞がれていた。
 触れ合う箇所のぬくもりに、不思議と嫌悪は沸かなかった。

「お前が、逃げなかったのが悪い……っ」

 力強い腕は千夜子をすくうように抱きあげ、寝台の上に横たわらせた。そのまま東宮は千夜子に覆いかぶさるようにして、のしかかった。
 あの晩。初めて後宮に連れてこられた晩の事が思い出される。あの時はただひたすら驚きと戸惑いと恐怖に、支配されていた。
 しかし今は……。

「い、嫌がらないのかよっ」

 どくどくと痛いほどに脈打つ鼓動はあの時と変わらない。しかしそれは何故か、あの時のように嫌なものではなく……。

「……」

 千夜子が黙っていると、東宮は目を細め、もう一度顔を近づけた。
 唇にあたる、唇の柔い感触。それは東宮の息遣いとともに、頬を伝い、耳元を伝い、首筋を伝う。東宮の手が、腰紐をぐいと引くのが分かった。一気にはだけた衣の合間へ差し入れられる、東宮の熱い手の平。

「……七条」

 かすれた声が、耳元に届く。吐息が、熱い。
 千夜子の頬は熱く、先ほどからうるさいほどに響く心臓の音は、耳鳴りのようだった。

「……東宮」

 どうしてそんな事を言う気になったのか。

「私は……。私の名は……千夜子、です」

 諱(いみな:本名)は、父や夫等の近しい者以外、知らせてはならないものだ。それなのに。
 ……名を、呼ばわって欲しかった。

 東宮は一瞬驚いた顔をして目を見開き、千夜子を見つめた。やがて唇を頬に寄せ……耳に寄せて、熱い息でささやいた。

「……千夜子」

(……ああ)

 呼ぶ声が、背筋をあわ立てる。
 どうして。
 こんな事は望んでいなかった。望んでいなかったはずなのに、どうして東宮の熱はこんなにも温かく……、それを、嬉しく思ってしまうのだろう。

 強く抱きしめられる。伝わる、人肌の熱。
 忙しなく押し寄せる東宮の熱い激情に、千夜子はそのまま、身をゆだねた……。


<もどる|もくじ|すすむ>



広告