夢かうつつか 一.


 牛車に揺られながら、物見(ものみ:小窓)を過ぎる京の街並みをぼうっと眺めていた。

 千夜子が後宮を後にしたのは、夜も明けきらぬ暁頃だった。徒歩で内裏を抜けると、すぐに兵部卿の宮が用意してくれた牛車が迎えに来た。かねてより、由紀と兵部卿の宮とでいつでも使えるようにと、手配してくれていたのだと言う。
 行き先は、兵部卿の宮邸でも七条の千夜子の屋敷でも、どちらでも好きなようにと言われたので、千夜子は七条に帰りたいと言った。

「……姫様、お疲れですか?」

 一緒に牛車に乗ってくれた由紀は、千夜子を心配そうに覗き込んでいる。

「……あ、ううん。大丈夫」

 千夜子は微笑んでみせる。
 やっと後宮を抜け出して、あれほど帰りたいと願っていた家に、帰れるのだ。嬉しくないはずがない。……しかし。

 思い出されるのは、あらぶる激情と、気遣わしげな仕草。千夜子を見つめる熱いまなざし。呼ばわる、声。息づかい。それらはまだ、千夜子の身体に残っているような気がする。

(……東宮)

 きっともう、二度と会うことは無い。
 最後に見た東宮は、その整った美しい面差しとは裏腹に、まるで子供のようないとけなさで眠っていた。「さようなら」と最後にその寝顔に告げて。

(夢かうつつか……)

 もともとが雲の上の世界の出来事だった……きっと全て、夢の中の出来事だったのだ。

「もうじき、着きますわよ。……あら?」

 由紀が言って、不思議そうに物見をうかがった。

「……馬が」

 ひづめの音が、近づいている。
 馬の音が間近に迫ると、牛車は急に動きを止めた。

「どうされました」

 由紀が声をかけると、牛飼い童(御者)の困惑した声が返ってくる。

「こちらの御仁が……供をなさりたいとかで……宜しいですか?」

「? こちらの御仁?」

 由紀がひょいと簾を上げてみると、そこに居たのは馬にまたがった狩衣姿もりりしい、青年貴族の姿だった。

「まぁ、……左近の中将様!」

「!」

 慌てて扇で顔を隠し、簾の隙間から覗いてみれば……それは確かに、千夜子も何度か目にした事がある、左近の中将の姿。中将は馬を降りると、膝をついた。

「未練がましい男よとお笑いにならないでください、姫君。どうぞ、お屋敷までのお供をさせて頂きたく」

 そう言うと中将は顔をあげ、はにかんだように笑った。


<もどる|もくじ|すすむ>



広告