夢かうつつか 三.


 几帳を隔てた向こうに居る左近の中将は、伺うように千夜子のほうを見た。

「姫君、……ご気分でも、優れないのですか」

「……ああ、いえ……」

 じっさい、上の空だった。
 左近の中将は、千夜子がさらわれたあの晩、東宮に手を貸したことを何度も詫び、宮中で辛い思いはしなかったか、無体なことはされなかったかとしきりと聞いてきたのだが、千夜子はほとんど返答も出来なかった。

 思った以上に具合の悪い母。いつあるかも分からない兵部卿の宮の訪れ。
 いま千夜子の胸を占めているのはその二つが大きい。
 いっときは、この左近の中将の事を、好もしく思っていたはずなのに……。

「母上の……ご容態が良くないんです……」

「……それはさぞ、心配でしょう。……そうだ、俺の知り合いに腕のいい薬師がおります。こちらへ遣わせましょう」

「まぁ……」

 それは有り難い申し出ではあるのだが、千夜子には少しためらわれる。

「……あの、でも、左近の中将様は、こちらとは何の縁もありませんのに……。そこまで、して頂くわけには……」

 中将は目に見えて落胆した顔をした。

「何の、縁も無いなどと……おっしゃらないで下さい。……姫。俺はまだ貴女を諦めていないのですから」

「……」

 あの、晩。千夜子は確かに言ったはずだ。「私の事は、お忘れください」と。

「……やはり、ご迷惑でしょうか……?」

 切なげに見つめる、真っ直ぐな瞳。千夜子は息を漏らした。

「……中将様は……右大臣家の御長男とか……」

「え? それは……そうですが」

「妹君の三の姫様は、東宮へ入内されるとも聞きました。……妹君様は家のため、ご立派にお勤めを果たされようというのに……。中将様は、ご自身の立身出世を願わないのですか……?」

「は……」

 中将は、きょとんとした顔で千夜子を見ている。思ってもみない事を言われた、という表情。

「私などに構っている場合ではないはずです。……まだ、北の方をお持ちでないなら、なおさら。お早く、家柄の良い姫君を、北の方に迎えるべきですわ……」

 これは、千夜子の本心だ。だからこそ千夜子はあの時……兵部卿の宮を選んだのだから。

「……姫」

 中将は几帳越しの千夜子をまじまじと見つめている。

「だから、ですか……?」

「……え」

「姫は、俺の身を案じてくださっている。……だから、兵部卿の宮を選んだのですか……?」

 中将の顔に喜色が浮かぶ。……しまった、と千夜子は思った。

 喜ばせるために言ったわけではない。ただ、真面目に考えれば、千夜子を選ぶ事は中将の将来のためにも良くない事を、分かってほしかっただけだ。

「中将様……!」

 咎めるような声を上げたが、しかし中将は嬉しそうな表情で立ち上がった。

「今日のところは、退散します。……薬師のほうは、すぐに手配しますので」

「……中将様! 私の話を聞いて下さいましたか? これ以上この家に関わっても、中将様にはなんの得も……っ」

「損得の問題ではありません。……いえ……、貴女を得るという事が、俺には最大の望みですから……。こうして、貴女とほんの少しでもつながりを得られることが、俺には得なのですよ」

「中将様……!」

 聞き分けの無いことを言う。
 しかし中将はどこまでも嬉しげな、爽やかな笑みを残して、去っていった。


<もどる|もくじ|すすむ>



広告