君恋ふる 四.


 梨壺に届いたその知らせは、東宮を愕然とさせるものだった。――七条の屋敷に、姫君の姿が見えない――と。
 折りしも、千夜子の姿をひとめ垣間見ようと、東宮が七条の屋敷を訪ねた翌日の事である。
 朝議を終えた東宮の元に現われたのは、重くるしい表情の左近の中将と兵部卿の宮だった。

「……どういう……事だよ……っ!」

 東宮は思わず腰を浮かせて、目の前に伏している左近の中将に詰め寄る。御簾越しに千夜子の姿を確認したのは、昨晩の事だ。あの時、たしかに千夜子は屋敷にいた。

「東宮、落ち着かれて……!」

 兵部卿の宮は東宮の側に控えて諌めるが、東宮はとても落ち着いてなど居られなかった。

「居ないだと……っ!?」

「……今朝早く、七条の屋敷に仕えさせている家人より、連絡がありました。……姫君のお姿が見えないと……」

 どうして。
 千夜子の身については、この左近の中将に任せた。それは東宮にとっては断腸の思いで、この誠実な男に任たはずだったのに。

「お前……っ! あいつに何かしたのか!」

 かっと頭に血が上り、東宮は平伏している左近の中将の肩を掴んで押し上げた。

「なんで姿を消すんだよっ!」

「……それは」

 左近の中将はぐっと言葉につまり……、やがて、辛そうに吐き出した。

「……私の事を、厭われての事でしょう」

「……は? どういうことだよ……」

 千夜子の母親が亡くなってからこちら、左近の中将はずっと七条の屋敷に通っていたはずだ。千夜子は左近の中将を、とうに受け入れていたはず。それを、いまさらになって厭うというのは、どういう事か。

「東宮……。私は、姫と情を通じたことは無いのです……一度も」

「何……?」

「……私は、姫の母君が亡くなられた当初こそ、屋敷の中へ入れていただき、宿直をしてはいましたが……。近頃は、屋敷の中へ入れて頂く事すら、なかったのです……っ」

 左近の中将は青ざめた顔で吐き出した。
 愕然として、東宮は左近の中将の肩にかけた手を離す。

「昨晩、私は姫に強く迫りました。私を部屋の中へ入れるようにと。……姫はそれを、厭われたのです……」

 苦しげに告白する左近の中将を、呆然と見やった。

(……千夜子……)

 千夜子はその名を東宮に、教えてくれた。名を教え、その身を東宮に、ゆだねた。
 あの夕べ。まるで夢の中の出来事のようだった、あの、夕べ。
 千夜子は何を思っていたのか。
 千夜子は……あれはきっと……ただの気まぐれなどではなかったのだ。……なぜ、手放してしまったのだろう、なぜ。

「……っ」

 手放さなければ良かった。
 千夜子がどんなに辛い目にあおうが……手放さなさなければ、良かった。

 ふらりと部屋を出ようとして、兵部卿の宮に呼び止められる。

「どちらへ行かれます!?」

「……探す」

「何を馬鹿なことをおっしゃる……! 夜中に忍び歩きをするのとは訳がちがうのですよ。私も左近の中将も、既に人をやって探させています。東宮は落ち着かれて……」

「じっとしてられるかよ……っ!」

 今すぐ、会いたい。
 後の事などどうなってもいい。全て後で考えれば良い事だ。
 ただ会いたい。……会ったら二度と、手放さない。

「東宮が、軽々しく内裏を出るなど、できないことはお分かりでしょう……っ?」

「会いたいんだっ」

「……東宮」

 東宮にも、分かっている。ふらりと内裏を出ていけるほど、自分の身が軽くはない事を。
 すとんとその場にしゃがみこみ、頭を抱えた。

「……探してくれ。頼む」

 左近の中将は深く平伏すると、立ち上がった。

「かならずや、探し出します。……見つかりましたら真っ先に、東宮にご報告を」

「頼んだぞ……」

 どうして自分は、動けないのだろう。
 東宮は去っていく左近の中将の後姿を、ただ妬ましく見つめた。


<もどる|もくじ|すすむ>



広告