あやめも知らず 七.


 その夜が、永遠に続けば良いと思った。
 東宮の温もりに包まれて、朝を迎える。

「東宮……」

 朝の日差しを頬に受ける東宮の表情はあどけなく、千夜子の胸を詰まらせる。
 身動きすると、東宮の手がしっかりと千夜子の手を握っているのに気づいた。

「……ん。……千夜子」

 薄く目を開いて、千夜子の姿を見とめると、ふっと笑みを浮かべる。
 つられて千夜子も微笑んで、いいようの無い幸福感が胸に込み上げた。そのすぐ後に、焦燥が。
 きっとすぐに引き離される。……離れなければ、いけないのだ。

 昨夜のうちに、左近の中将が帝に事の次第を奏上しているはずだった。きっとすぐにも、迎えがやってくるだろう。

 東宮は身を起こすと、もたれかかるように千夜子に体重を預け、ぎゅっとその身体を抱きしめた。

「……いいな、お前が近くにいると……。なんか、落ち着く」

「そんな。……東宮ともあろう人が、こんなあばら家で落ち着くわけがないじゃないの」

「場所なんか関係ないんだよ。お前が居れば」

「……」

 東宮はいとおしげに千夜子の髪を撫で、そこに顔をうずめる。やがて千夜子の顔を覗き込んだ表情は、とても幸福そうだった。

「……東宮、どうして……そんなに落ち着いていられるの」

「?」

「貴方はこんな場所にいて……いいはず無いのに……!」

「そりゃ分かってるさ。だからお前も一緒に来ればいいんだよ。何度も言ってるだろ」

「……っ」

 千夜子はため息を漏らした。
 東宮は絶対に譲る気は無いらしい。しかしそれは千夜子も同じ。二人の意見は相変わらず平行線のままだった。

 そこへ、若い下女が恐る恐るといった様子でやって来て、二人のための食膳を運んでくれた。

「お、お、お口に合わないかもしれません。申し訳ございませんっ」

 震える声でそう言って、膳を置くと、よほど緊張していたのか小走りに去って行ってしまった。

「……恐縮するなって方が無理か。まぁ、いい。食おうぜ」

 東宮は頓着無く箸に手を伸ばす。うながされて千夜子も膳に手を付けた。

「なんだ、結構美味いじゃないか。なぁ」

 のん気に笑って、東宮は機嫌よさそうにしている。

 のんびりした朝食を済ませると、やがて東宮は膳をずらし、千夜子を後ろから羽交い絞めするように抱きしめた。

「どうしたらお前はその気になるかなぁ……」

「ちょ、東宮……っ」

 耳元に息がかかり、千夜子はおもわず身震いする。

「止めて、まだ膳が下げられてないんだから……っ、あの娘が下げに来るわ」

「別にいいだろ」

「よ、良くないわよっ、離し」

 案の定、そこへ先ほどの下女がやって来て、ぎょっとした様子でこちらを眺め、顔を真っ赤に染めている。
 千夜子は何とか逃れようともがいたが、東宮は面白がっているのか絶対に離そうとしない。

「し、し、失礼いたしましたっ」

 下げるはずだった膳もそのままに、ばたばたと走り去ってしまった。
 東宮は面白そうに声を上げて笑っている。

「もう……っ! 止めてよ……っ!」

 なんとか身をよじろうとするが、東宮は離さなかった。

「お前が後宮に来るって言うまで、離さない」

「……っ」

 千夜子は何度目か分からないため息を漏らした。

「……本当に、我がままなんだから……」

 諦めて、東宮の腕に絡めるように、手を添えた。
 東宮の漏らす楽しげな笑い声が、耳をくすぐる。

 ひどく危うい、幸福感。
 こんな事をしていては、ますます離れがたくなってしまう。……分かっているのに、それはひどく甘やかな感情で。
 いっそ東宮を憎らしく思った、その時。

「あああのっ、ひ、姫様!?」

 下げられた御簾の向こう側、庭先の手入れをしていた下男が、ひどく慌てた様子で声を上げた。

「……どうしたの?」

「きっ、き今上の、お、お使いだと言われる女房殿が……っ、その、お越しで……っ!」

「!」

 言われて見てみれば、確かに庭先の方に立派な牛車が停まっている。
 東宮がちっと舌打ちした。

「早いな。女房って事は……命婦(みょうぶ)あたりか。面倒だな」

「と、とにかく、お通しして……っ。ああ、車をそこの簀子縁まで着けていただいてっ」

 この屋敷には、女房が居ない。
 下働きの者は左近の中将や兵部卿の宮が用意してくれたのだが、みな炊事や掃除が担当で、貴人の取次ぎなどが出来るような、たしなみある女房は居ないのだ。
 千夜子は自ら立ち上がって出迎えようとした。
 しかし。

「離して、東宮」

「嫌だ」

「今上のお使いなのよっ!? 離してってば」

「勝手にそこらへ座らせればいいだろ」

 東宮は千夜子を抱きしめたまま、あごで簀子縁を指した。

「そんな……っ」

 そうこうする間に簀子縁の先に牛車が寄せられ、きらびやかな衣装の女房が簀子縁に姿を現した。
 御簾の前までやって来ると、手を突いて深々と一礼する。
 その間も東宮は、千夜子を抱いたまま離さなかった。顔をあげた女房に、千夜子は見覚えがあった。

(! ……周防さん……!)

 それは後宮で世話になった、中年の女房だった。


<もどる|もくじ|すすむ>



広告